AMH検査(血液で卵巣に残された卵の数の目安をチェック)ができるようになりました

AMH検査 (AMH:アンチミューラリアンホルモン)が可能になりました。

AMH検査ってなあに?

・血液で卵巣予備能(卵巣に残された卵の数の目安)をチェックします。

・卵巣内に保存されている卵子のもとの中から、排卵に向けていくつかの卵子のもとが目覚め、発育し始めます。

 その時放出されるのがAMHです。

 AMHの値は、卵巣に残された卵子の数が多いと高くなり、少ないと低くなると考えられています。

 

簡単な血液検査で測定できます。

予約方法

事前予約必要なし、当日の申込で可能な検査です。月経周期のうち、いつ測っても大丈夫です。

 

注意事項

AMH=妊娠率ではありません。

AMHの数値が表すのはあくまでも卵巣にある卵子の在庫(卵子の量)の目安、AMHが低い人でも卵子の質がよければ自然に妊娠します。
逆にAMHの値高くても高齢になれば難しくなります。
「AMHが低い=妊娠の可能性が低くなる」ということではありません。
AMH値が低いは妊娠しにくいのではなく、妊娠の可能性がある期間は限られていることを示しています。

お申込可能施設

大名古屋ビルセントラルクリニック

国際セントラルクリニック

名古屋セントラルクリニック

和合セントラルクリニック

 

各施設で当日のお申込が可能です。

お申込の場合は各施設スタッフへおたずねください。

検査内容に関して

一般社団法人AMH普及協会

一覧に戻る