健診・人間ドックで大動脈瘤の早期発見を

胸部・腹部大動脈瘤は、高血圧、高脂血症、糖尿病、喫煙などが発症に大きく関係することが知られています。

 

胸部大動脈瘤は健康診断で行われる胸部レントゲン撮影で、腹部大動脈瘤は腹部超音波検査などで発見されることがあります。

 

大動脈瘤を予防するよう健康診断で危険因子を見つけ、生活習慣を改善することをお勧めします。

 

一覧に戻る