Protokey大腸がんリスク検査

大腸がん発症リスクを血液で調べる検査です。 大腸がんの発症により血液中で増減するペプチドの測定によって早期大腸がんリスクを評価します。  結果は専用用紙でご報告しています。 結果はA、B、Cの3段階でリスクを評価します

続きを読む

新しい検査「FMD」のご紹介

近年、動脈硬化症からおこる病気が増加しています。脳梗塞などの脳の病気、心筋梗塞や狭心症などの心臓病などは動脈が狭窄・閉塞して血流が低下・途絶することで起こります。現在我が国での死亡の原因となっている疾患のうち約1/3が癌

続きを読む

大腸CT検査をご存知ですか?

大腸CT検査(CTC)では、肛門から内視鏡を挿入することはありません。 腹部のCTを撮影することで、大腸の内部を内視鏡で観察したかのように見ることができる検査です。 検査前には内視鏡検査と同じように下剤の服用などが必要で

続きを読む

「MRI」と「CT」

見た目はよく似ているMRIとCTですが、その違いを簡単にお話します。 MRIは磁力を使って検査しますが、CTはX線を使って検査します。特に、MRIは脳や血管、脊髄など水分を多く含む臓器、CTは肺や骨などの検査が得意といわ

続きを読む

採血した血液の行方

採血した皆さんの血液がその後どうなっているか、ご存知ですか? 実は、検査項目によって処理が異なったり、必要な量も違ったりします。 通常の健康診断を受診される方は、血算(小さい方)と生化学(大きい方)の二本分の血液を採血し

続きを読む

大腸CT検査

大腸CT検査は近年普及しつつある大腸検査法の1つです。大腸を炭酸ガスで膨らませて、CT撮影を行うことで大腸の3D画像を得る検査です。 他の大腸検査に比べて苦痛が少なく、検査時間も短いところが特徴です。また、腹部全体をCT

続きを読む

超音波(エコー)検査のしくみ

超音波とは、人が聴くことができない高い周波数の音波です。この高い音を臓器に当てて、跳ね返ってきた音を画像に表します。身体に無害であり、リアルタイムで臓器の様子を観察することができます。 妊婦健診で赤ちゃんの様子をみるのに

続きを読む