頸部MRA

MRI装置を使用して頸動脈を描出し、脳梗塞の原因となる頸動脈の狭窄や閉塞を発見することができます。

所見の説明

無症候性頸部内頸動脈閉塞・狭窄 狭窄の程度によって投薬による管理または頸動脈内膜剥離術の適応、手術の必要などを検討し、治療を行っていきます。
頸動脈狭窄 脳に血液を送る頸動脈の動脈硬化が強い場合、内部に向かって血管の壁がせり出して、 血流の通り道が狭くなった状態を頸動脈狭窄といいます。将来、脳梗塞を起こす危険性が高くなります。
血栓予防剤やコレステロールを下げる薬で動脈硬化の進展を予防したり、 程度によっては動脈硬化の部分を手術ではがす必要があります。

検査の結果、画像所見に異常を認めなくても、それは現時点での所見であり安心はできません。
生活習慣病(高血圧、高脂血症、糖尿病、痛風など)の管理が脳卒中の予防につながりますので油断はしないようにしましょう。

  • MRI検査とは

MRIは強力な磁石を利用して体内を画像化することができる機械です。
放射線を使用しないため、放射線被曝の心配がありません。

MRI機器

『要受診』『要精密検査』と診断された方へ

対象となった検査項目について、自己判断や放置をせずに、速やかに医療機関を受診し、専門医による診断や検査結果に基づいてご自身の健康の再確認をしていただくことが大切です。

  • 当クリニックでは、健診後のフォローアップを、外来診療でお受けしています。
  • 生活習慣の改善のため、医師との連携のもと、保健師・管理栄養士による指導を実施しております。(セントラルグループにて健診を受診された方は、無料でお受けいただくことができます)