CEA

基準値と判定

基準値 高値の場合(+)
5.0ng/ml以下 大腸、胃、膵臓、肝臓、胆道などの消化器がんをはじめ、肺、乳房、甲状腺、卵巣などのがんで高値を示します。
がん以外の疾患では、肝硬変、慢性肝炎、胃潰瘍、肺気腫などで高値を示すことがあります。

※大量喫煙者でも10ng/mlは超えない程度の高値を示すことがあります。

※基準値は健康保険組合などにより異なります。すでに受診された方は、お手持ちの結果票をご覧ください。

  • 腫瘍マーカーとは

    がんの進行とともに増加する特異的なタンパク質を調べる検査です。ただし「がん」以外の病気でも高くなる場合があるため、あくまでも診断の判断材料のひとつです。
    画像診断など他の検査と組み合わせて実施することがお薦めです。

『要受診』『要精密検査』と診断された方へ

対象となった検査項目について、自己判断や放置をせずに、速やかに医療機関を受診し、専門医による診断や検査結果に基づいてご自身の健康の再確認をしていただくことが大切です。

  • 当クリニックでは、健診後のフォローアップを、外来診療でお受けしています。
  • 生活習慣の改善のため、医師との連携のもと、保健師・管理栄養士による指導を実施しております。(セントラルグループにて健診を受診された方は、無料でお受けいただくことができます)