子宮がんというとまだがん年齢ではないと思う方が多いようですが、
「子宮頸がん」は20歳代、30歳代に急増しています。
検診ではがんの発見だけでなく、
「予防できるがん」とも言われる通り、今後の発症のリスクを知ることができます。
まずは、検診の内容を見てみましょう。

1.問診、着替え

問診表への記入内容を予めメモしておくと便利です。 月経の状況や、月経周期、最終月経日、妊娠・出産の有無などです。
その他気になることは、問診でドクターに伝えましょう。
子宮頸がん検診で、ほかの婦人科の病気が発見されることもあります。

2.内診

子宮頸部の状態を視診し、子宮の形や大きさに異常がないか、表面の状態、炎症の有無などを確認します。

3.細胞診(細胞を採取します)

子宮膣部の細胞に起きる変化(特にがん化)をチェックします。綿棒のようなもので、子宮頸部を軽くなでるように採取します。 細胞診とHPV検査を同時に行う場合も、細胞の採取は一度で大丈夫です。

正確な検査のため、月経日の検診は避けた方がいいでしょう。しかし、たまたま月経の予定がくるったり、不正出血が検診当日に起きたりした場合も、細胞診検査が不可能ということではないので、担当のドクターに相談してください。
前日及び当日の膣洗浄などの処置は、細胞接種に影響が出るので控えてください。

4.検査結果

ページのトップへ