婦人科 / 乳がん・子宮がん検診

女性特有の病気や年齢とともに変化する体の状態をチェックし、これからの健康なライフスタイルを過ごすためのお手伝いをします。

乳がん検診

マンモグラフィー

乳房X線撮影のことで、医師の触診だけでは発見できない病変を、非常に低い電圧で発生させたX線で乳房を撮影し、発見する検査です。

乳腺エコー

乳腺に超音波をあてしこりの有無を調べます。医師の触診だけでは発見できない小さなしこりもみつけることができます。

検査内容項目表 乳がん検診

検査名
検査費用(税込)
マンモグラフィー(2D)
4,950円
3Dマンモグラフィー(追加料金)

※大名古屋ビルセントラルクリニックのみ受診可能です

+6,050円
乳腺超音波検査
4,950円
マンモグラフィー&乳腺超音波検査
9,900円

※視触診希望の方は追加料金1,650円となります。(視触診のみのご予約は承っておりません。)

子宮がん検診

子宮がんには「子宮頸がん」と「子宮体がん」の2種類があり、子宮の入り口である子宮頸部にできるものが「子宮頸がん」、子宮の奥の方にできるのが子宮体がんと呼ばれます。

細胞診検査

細胞診は、子宮の表面を綿棒などで採取し、それを顕微鏡で観察し、異常な細胞が混ざっていないか検査します。これまでは「日母分類」と呼ばれるクラス分類で判定されてきましたが、2009年からは「ベセスダシステム」という、より精度の高い検査判定基準を導入しました。

HPV検査

HPVとは、ヒューマン・パピローマ・ウイルスの略で、人に感染するものは100種類以上の型が報告されています。多くは皮膚でイボを形成します。子宮の入り口で見つかるHPVは40種前後報告されています。そのうち子宮頸がんの細胞から見つかるHPVが十数種類あり、これらをハイリスク型と呼びます。頸がんから検出されないHPVをローリスク型といいます。ハイリスク型の中でも、最も多く占める16型(44.8%)と、2番目に多く(14%)しかも発見や治療の難しい腺癌に大変多く発見される18型について、それぞれ個別に判定いたします。16・18型以外の11種類のハイリスク型に関しては、そのうち1つでもあれば陽性(+)、1つもなければ陰性(-)という結果となります。

検査内容項目表 子宮がん検診

検査名
内容 / 1人当たりの検査費用
子宮頸がん検査
婦人科専門医師による問診、内診
5,500円
HPV検査(ヒトパピローマウィルス)
婦人科専門医師によるHPV検査
3,850円
子宮体がん検査(※)
婦人科専門医師による問診、内診、子宮体内膜細胞診
7,150円
経腟超音波検査
婦人科専門医師による問診、内診、経腟超音波検査
4,950円
AMH検査
血液で卵巣予備能(卵巣に残された卵の数の目安)を調べる検査です。
8,250円

※子宮体がん検査をご希望の場合は、当日医師とご相談下さい。

特定健診は下記のクリニックで行っております

大名古屋ビル
セントラルクリニック

〒450-6409
名古屋市中村区名駅三丁目28番12号 大名古屋ビルヂング9F
TEL: 052-587-0311, 052-559-1200
(一般診療・再検査予約)

※2016年4月1日 「テルミナセントラルクリニック」より移転開院

国際セントラルクリニック

〒450-0001
名古屋市中村区那古野1-47-1 国際センタービル10F
TEL: 052-561-0633, 052-561-0637
(一般診療・再検査予約)

名古屋セントラルクリニック

〒457-0071
名古屋市南区千竈通七丁目16番地1
TEL: 052-819-1850

和合セントラルクリニック

〒470-0162
愛知県愛知郡東郷町大字春木字白土1-1884
TEL: 052-805-8000

健康診断のご予約に関してはこちらからご予約下さい。

健康診断のご予約に関しては
こちらからご予約下さい。