子宮頸がん検診の流れ

子宮頸がん健診って何をするの?

子宮がんというとまだがん年齢ではないと思う方が多いようですが、「子宮頸がん」は20歳代、30歳代に急増しています。検診ではがんの発見だけでなく、「予防できるがん」とも言われる通り、今後の発症のリスクを知ることができます。まずは、検診の内容を見てみましょう。

  1. 着替え、問診
  2. 職場から離れる時間が大幅に短縮され、仕事への影響を最小限に抑えることができます。

    POINT 問診表を書くための準備を 問診表への記入内容を予めメモしておくと便利です。 月経の状況や、月経周期、最終月経日、妊娠・出産の有無などです。その他気になることは、問診でドクターに伝えましょう。子宮頸がん検診で、ほかの婦人科の病気が発見されることもあります。

  3. 視触診
  4. 子宮頸部の状態を視診し、子宮の形や大きさに異常がないか、表面の状態、炎症の有無などを確認します。

  5. 細胞診(細胞を採取します)
  6. 子宮膣部の細胞に起きる変化(特にがん化)をチェックします。綿棒又はブラシのようなもので、子宮頸部を軽くなでるように採取します。 細胞診とHPV検査を同時に行えます。

    POINT 問診表を書くための準備を
    ①たまたま月経の予定がくるったり不正出血が検診当日に起きたり した場合でも、バス検診以外は可能です。
    ②前日及び当日の膣洗浄などの処置は、細胞接取に影響が出るので 控えて下さい。
    ③1か月以内の細胞検査はさけて下さい。

  7. 検査結果
特定健診は下記のクリニックで行っております

大名古屋ビル
セントラルクリニック

〒450-6409
名古屋市中村区名駅三丁目28番12号 大名古屋ビルヂング9F
TEL: 052-587-0311, 052-559-1200
(一般診療・再検査予約)

※2016年4月1日 「テルミナセントラルクリニック」より移転開院

国際セントラルクリニック

〒450-0001
名古屋市中村区那古野1-47-1 国際センタービル10F
TEL: 052-561-0633, 052-561-0637
(一般診療・再検査予約)

名古屋セントラルクリニック

〒457-0071
名古屋市南区千竈通七丁目16番地1
TEL: 052-819-1850

和合セントラルクリニック

〒470-0162
愛知県愛知郡東郷町大字春木字白土1-1884
TEL: 052-805-8000

健康診断のご予約に関してはこちらからご予約下さい。

健康診断のご予約に関しては
こちらからご予約下さい。